Scratch(スクラッチ)のゲームでもぐらたたきを作ってみよう

現役SEの佑です。

今回はスクラッチでもぐらたたきゲームを作ってみたいと思います。
かんたんに作れるので、一度チャレンジしてみてくださいね!


Scratch(スクラッチ)のゲームでもぐらたたきを作ってみよう

もぐらたたきゲームを作る前に、ゲームの設計をしてみましょう。
今回のもぐらたたきゲームで実現したい内容はこちらです。

もぐらたたきゲームで実現したい内容

・もぐらがランダムでいろんな場所に出現するようにする
・制限時間は30秒
・出現したもぐらをクリックすると、スコアが1点加点される

実際はこのようなシューティングゲームが完成する予定です。

1. もぐらのコスチュームを設定しよう

まずは今回の主役であるモグラのコスチュームを設定していきましょう。

「コスチュームってなに?」という人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。
>>Scratch(スクラッチ)でコスチュームを変えてアニメーションを作ってみよう
Scratch(スクラッチ)でコスチュームを変えてアニメーションを作ってみようScratch(スクラッチ)でコスチュームを変えてアニメーションを作ってみよう

STEP.1
スクラッチ画面の左下にある「コスチュームをアップロード」をクリック
スクラッチ画面の左下にあるコスチュームをアップロードをクリック
STEP.2
モグラの画像をアップロード
スクラッチのもぐらたたきを作ってみよう

今回、もぐらの画像はイラストACから無料で持ってきています。

アップロード画像はPNG形式のものを選ぶようにしてください。
PNG画像は背景が透明なので、もぐらの部分の画像だけを使うことができます。

2. もぐらたたきの背景を設定しよう

次にもぐらたたきの背景画像を設定していきましょう。

今回はイラストACから砂漠の画像を持ってきて、それを背景にしています。

STEP.1
スクラッチ画面の右下にある「背景をアップロード」をクリック
Scratchでもぐらたたきを作ろう
STEP.2
背景画像をアップロード
スクラッチのもぐらたたきの作り方

3. スコア変数をつくってみよう

次にもぐらをクリックしたときに、加点されるスコアを作っていきましょう。

「変数ってなに?」という人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。
>>Scratch(スクラッチ)の変数とは?代入や表示方法をマスターしよう
Scratch(スクラッチ)の変数とは?代入や表示方法をマスターしようScratch(スクラッチ)の変数とは?代入や表示方法をマスターしよう

STEP.1
スクラッチ画面の左上にある「変数を作る」をクリック
スクラッチの変数を作ってみよう
STEP.2
変数名を設定しよう
スクラッチのもぐらたたきを作ろう
STEP.3
スコアができたことを確認しよう
左上にスコアが出ていることがわかります。
スクラッチのもぐらたたき
STEP.4
もぐらをクリックしたときに、スコアに加点されるようにしよう
こちらのブロックを持ってきて、画像のように組み合わせてください。

・イベントカテゴリー:「このストライプが押されたとき」
・変数カテゴリー:「スコアを1ずつ変える」
・見た目カテゴリー:「隠す」

Scratchのもぐらたたきの作り方

4. もぐらがランダムに出てくるようにしよう

次にもぐらがランダムに出てくるように設定してみましょう。

もぐらがランダムに出てくるようにするためには「乱数」というものを使います。

乱数とは、ランダムに作られる数字のことです。
STEP.1
もぐらがランダムに出てくるように設定しよう
こちらのブロックを持ってきて、画像のように組み合わせてください。

・イベントカテゴリー:「旗が押されたとき」
・変数カテゴリー:「スコアを0にする」
・制御カテゴリー:「ずっと」
・動きカテゴリー:「x座標を◯、y座標を◯にする
・演算カテゴリー:「◯から◯までの乱数」
・見た目カテゴリー:「表示する」
・制御カテゴリー:「◯秒待つ」

スクラッチのゲームでもぐらたたきを作ろう

旗が押されたらゲームスタートです。
そのときにスコアを0にリセットするようにしています。

そして乱数でもぐらが背景の下半分にランダムに表示されるように設定しています。

5. 制限時間を設定しよう

最後にもぐらたたきゲームの制限時間を設定しましょう。

今回は制限時間を30秒で設定するようにしています。

STEP.1
制限時間を30秒に設定しよう
こちらのブロックを持ってきて、画像のように組み合わせてください。

・イベントカテゴリー:「旗が押されたとき」
・調べるカテゴリー:「タイマーをリセットする」
・制御カテゴリー:「◯秒待つ」
・見た目カテゴリー:「◯と◯秒言う」
・制御カテゴリー:「すべてを止める」
スクラッチプログラミングでもぐらたたきを作ろう

6. 実際にプログラムを動かしてみよう

以上で完成です!
実際にプログラムを動かしてみた動画がこちらです。

もぐらたたきゲームがうまく動いていることが確認できました。

応用としては、もぐらの数を増やす、もぐらのスピードを上げるなどをすると、難易度が上がったゲームになると思います。

スクラッチ入門のまとめはこちら!

スクラッチをもっと学びたい!という人は、こちらのスクラッチ入門まとめ記事をチェックしてみてください。
Scratch(スクラッチ)入門まとめ!子供と一緒に楽しく学ぼう Scratch(スクラッチ)入門まとめ!子供と一緒に楽しく学ぼう

子供がプログラミングを効率的に楽しく学ぶには?

スクラッチは自宅で親子一緒に楽しくプログラミングを学ぶことができます。

ただ、自宅で勉強するプログラミングには限界がありますし、お子さんが飽きてしまう可能性があります。
なので、自宅である程度スクラッチに触れさせてみたあとは、子供向けのプログラミング教室に行ってみることをおすすめします。

子供向けプログラミング教室では

・プロの先生がわかりやすく教えてくれて、子供の考える力を伸ばしてくれる
・PCが初めてのお子さんでも、基本的な操作からしっかり教えてくれる
・本格的なプログラミングにも挑戦できる
・周りのお友達と切磋琢磨しながら、プログラミングを学ぶことができる
・みんなの前で自分がつくったプログラムを発表する機会があるので、プレゼン能力が身につく

などのメリットがたくさんあります。

こちらの記事で、現役SE目線で子供におすすめのプログラミング教室をご紹介しています。
どの教室も無料体験ができますので、チェックしてみてくださいね。

【2019年最新版】子供プログラミング教室のおすすめを現役SEがご紹介! 【2019年最新版】子供プログラミング教室のおすすめを現役SEがご紹介!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です